PROJECT

とよたマッピング
豊田市のプロジェクションマッピングをつくろう

主催:田島悠史+渡邉哲意+宝塚大学

デカスコース

協賛・助成
宝塚大学東京メディア芸術学部・一般社団法人MRS

本事業は、豊田のみなさまと私たちが一緒になってプロジェクションマッピングを作るというものです。
豊田市の皆さまと楽しく交流しながら、豊田市ならではのプロジェクションマッピングを考え、作っていきたいと思います。

本企画「とよたマッピング」は1年にわたり、豊田にお住まいの皆様と私たちで、プロジェクションマッピング(以下、PM)について学び合い、豊田市の土地に固有なPMを考え、そのプロトタイプ(試作)を作る全四回のワークショップです。もちろん、全部の回で未経験者歓迎です。
これらのレクチャー+ワークショップを通して、豊田市にとってPMが楽しむだけのエンターテイメントではなく、身近な芸術になることが、本企画の目的です。

各回のワークショップの内容は下記の通りです。

【初回】
「プロジェクションマッピングを知ろう(担当:渡邉哲意+田島悠史)」
日時:2017年10月22日(日)10:30~15:30
場所:豊田市能楽堂(豊田市西町1-200 豊田参合館8階)
PMの概論。まず私たちから現在、どのようなPMがあり、どういう風に成り立っているのか、何が必要なのかなどを解説します。簡単に、機材なども触ってもらう予定です。

【二回目】
「こんなのもプロジェクションマッピング?(担当:田島悠史)」
日時:2017年11月4日(土)15:30~17:45
場所:豊田市視聴覚ライブラリー(豊田市挙母町3-59)
「これもPM?」と驚くような事例を紹介するのがこの回です。PMの本場、ヨーロッパの事例や最新技術を使ったPMなどを紹介した上で、皆さんにも考えてもらいます。

【三回目】
「豊田らしいプロジェクションマッピングを考えよう(担当:渡邉哲意+田島悠史+学生スタッフ)」
日時:2017年11月18日(土)
場所:豊田市視聴覚ライブラリー(豊田市挙母町3-59)
これまでPMの事例を踏まえて、皆さんに豊田らしいPM、豊田を活かしたPMを考え、発表し、みんなで議論しながら、その形を見つけていきます。

【最終回】
「プロジェクションマッピングを一緒にやってみよう(担当:渡邉哲意+田島悠史+学生スタッフ)」
日時:2017年12月3日(日)
場所:豊田市内
前回の発表を踏まえた”とよたマッピング”の試作を実施します。皆さんには、PMの実施にスタッフとして関わって頂きます。

※二回目~最終回すべてに参加された方には「とよたマッピング修了証」を贈呈予定です。

PICK UP EVENT
イベント情報

PROJECT