とよたデカスプロジェクト応募要項

とよたデカスプロジェクトは、あなたが考える豊田市の「宝」
(自然、歴史、町並み、建物、特産品、そこに暮らす人々やその営みなど)を参加者と共有したり、
その魅力を市内外へ発信することを目的としたアートプロジェクトの
企画案を募集する公募制度です。 そしてまた、この制度は、地域住民や関係者と連携しながら、
事業の企画立案から実施まで総合的にマネジメントできる人材の発掘と、
応募者自身が、実践を積みながらスキルアップを図ることを目的としています。

参加者と一緒にどんなものを「デカス」ことができるか。
まずは一歩を踏み出したいという方から、大胆な試みに挑戦する方まで、
とにかくチャレンジしてみてください。審査により採択された事業には、
実施後、賞金を交付します。

  • ぷちデカスコース小規模な事業対象

    開催場所豊田市内

    入選 10万円 [8本程度]

    応募対象者18歳以上の団体(者)で、住所等は豊田市内外を問わない

    備考(次回以降の条件等)[書類審査のみ] 同一事業での応募は1回限り

  • デカスコース参加者見込が
    100人以上の事業対象

    開催場所豊田市内

    大賞  50万円 [1本程度]
    準大賞 40万円 [1本程度]
    入選  30万円 [6本程度]

    応募対象者18歳以上の団体(者)で、住所等は豊田市内外を問わない

    備考(次回以降の条件等)[書類審査及び公開プレゼンテーションによる審査]
    初めて応募する方は、提出前に事務局へ相談してください

    審査員

    渡辺 英司(アーティスト/名古屋造形大学非常勤講師)
    吉田 有里(アートコーディネーター/MAT, Nagoyaプログラムディレクター)
    山城 大督(アーティスト/Nadegata Instant Party)
    小島 香代子((公財)髙橋記念美術文化振興財団評議員)

とよたデカスプロジェクト採択経験者限定※上記コースとの併願も可

  • パートナーシップ事業

    開催場所豊田市内

    賞金なし
    後援、PR協力、2017年度採択者との交流など

    応募対象者これまでの採択者(コース不問)が企画した事業で2017年度に、
    豊田市内でアートプロジェクトやワークショップの開催を予定しているもの

    備考(次回以降の条件等)[書類審査のみ] 事業開催に合わせ随時受付可
    (申請時期によっては協力内容が限られる場合があります)

応募受付 2016年1月18日(水)~ 3月12日(日)必着
説明会・報告会 ■とよたデカスプロジェクト2017説明会&アートプロジェクト事例紹介
日時:2017年2月11日(土)14時00分~16時00分
会場:豊田産業文化センター4階 豊田市青少年センター 会議室C
申込:人数把握のため、事前に事務局へ電話かメールにてご連絡ください。
<事例紹介者>
武藤 勇: 武藤 勇(N-markアートディレクター): CCA北九州を修了後、 1998年より作家活動と共に、アートをサポートし、シーンを盛り上げるための 活動を展開する。アートスペースの運営をはじめ、企画展やアートのコーディネー ションも担う。「名港ミュージアムタウン」「くうちゅう美術館」「長者町トラン ジットビル」「中川運河リミコライン・アートプロジェクト」など。
■とよたデカスプロジェクト2016報告会
どなたでも自由に傍聴できますので、事業企画の参考にしてください。
日時:2017年2月26日(日) 13時00分~ 16時00分(予定)
会場:産業文化センター2階 とよた男女共同参画センタ― 情報交換室
第1次選考 応募書類による選考
選考結果は、採否に関わらず応募者すべてに書面にて通知します。
[デカスコース] 3月16日(木)発送予定
[ぷちデカス]  3月23日(木)発送予定
第2次選考
表彰式
キックオフミーティング
2017年4月9日(日) 審査会での公開プレゼンテーション
[デカスコースの応募者対象]
審査会により事業企画案を審査し、採択事業と評価結果に応じた賞を決定します。
会場:産業文化センター2階 とよた男女共同参画センタ― 情報交換室
■企画案のプレゼンテーションの方法は自由です。事務局では、パソコン(Windows)とプロジェクターを用意していますので、利用する場合は4月4日(火)必着で、データを事務局へ送信してください。
参考資料などを各審査員へ直接配布することはできません。
■審査会後に表彰式を行い、その後採択された方へ事業開催にあたっての説明や採択者間の交流を目的としたキックオフミーティングを開催します。
[ぷちデカス]に採択された方も必ず参加してください。

応募要項 ※必ずお読みください

募集内容

・豊田市の「これいい!ここいい!」をプロジェクトにすること(または、豊田市の課題と向き合い、新しい可能性をもたらすプロジェクト)
・公演、展示などの鑑賞型の事業については、必ずワークショップを開催し、できるだけ多くの人が参加できる機会が含まれていること。
・美術、映像、音楽、舞台芸術、伝統文化、芸能などアートのジャンルは不問
・豊田市内で開催すること
・1団体(個人・団体で活動する個人を含む)につき1企画。
・デカスプロジェクトへ応募するために応募者(団体)自身が考えたオリジナルの企画案であること。
 他者の権利(著作権等)を侵害しない内容であること。
※本プロジェクトは、豊田市の地域資源(宝)とアートを結びつけた事業の開催を応援するものです。
団体や教室、法人や企業等の活動やPRが主な目的であるものや、発表会、定期公演等は対象外です。

注意事項

・応募から実施に要する費用は、全て応募者の負担とします。事業を実施する際の安全対策や必要な保険等への加入は応募者が行ってください。
・事業目的が営利を目的としなければ、入場料(参加費)の徴収、飲食・物品の販売、協賛・補助金等の交付を受けても構いません。
・ただし、豊田市および豊田市の外郭団体の補助金や支援金等の交付を受けている事業は採択できません。
・事業開催にあたっては審査後の賞金の額に関わらず、応募内容通りに事業実施できるように企画してください。
・事業を行う際には、地域住民への対応をはじめ、応募者が責任を持って地域への周知及び理解を得て行ってください。
・賞金の交付は、事業実施後に報告書の提出をもって行います。実施の内容が応募時と著しく異なる場合は、賞金交付を見直す場合があります。
・審査結果についての問い合わせには一切応じられません。

応募資格

18歳以上の個人または団体で、住所等は豊田市内外を問わない。
※団体とは、市民グループ、NPOまたはこれに準ずる任意団体(実行委員会など)で、代表者が18歳以上であること。
※採択された場合、応募者が事業の主催者になります。とよたデカスプロジェクトの趣旨を理解し、事業遂行に関して責任をもって主体的に取り組める個人または組織であること。ただし、営利、政党、政治的団体としての活動、宗教の布教を目的としないこと。
※暴力団でない団体、暴力団員が役員となっていない団体かつ暴力団又は暴力団員と密接な関係を有しない団体
※事業の主催者(応募者)及び共催者にNPO法人以外の法人や企業、豊田市の外郭団体を含まないこと。
※4年目以降の申請は可能ですが、採択の優先度は低くなります。

審査基準

・豊田市の「これいい!ここいい!」または、課題を発見できているか
・市民が参加体験できるプロジェクトになっているか
・アイデアの斬新さ
・実現性の高さ、挑戦意欲 など

支援内容

・参加者同士のコミュニケーションや新しい出会いの機会を設定
・合同リーフレット、ホームページなどによる広範囲なプロモーションの展開
・参加者の取組紹介(年度末に『とよたデカスプロジェクト公式報告書』作成など)

支援条件

・キックオフミーティング、交流会、及び事業報告会等への参加。
・報告書等の速やかな書類提出。(事業実施後30日以内)
・事業に関わる画像や資料等公開への同意。
・採択事業やデカスプロジェクト自体の広報活動への協力(参加者によるブログやFacebookなどでの広報活動など)
・参加者(採択された方)の広報媒体へのロゴ等の記載。
・各参加者との積極的な連携推進。
・安全対策への配慮、及び必要な保険等への加入。また緊急事態発生に備えた、必要な連絡体制の確保。

応募要項を確認の上、下記ボタンから応募用紙をダウンロードし
記入・入力して、とよたデカスプロジェクト事務局まで持参・郵送・応募フォームにて提出してください。
※不明な点、疑問、質問等、気軽に相談してください。
※提出いただいた応募書類等は返却しません。

郵送の場合

下記住所へ応募書類をお送りください。

〒471-8501 豊田市西町3-60
とよたデカスプロジェクト事務局(豊田市教育委員会 文化振興課内)

メールの場合

下記ボタンをクリックしてメールにてお送りください

PROJECT